活動内容

  • SNOM1周年のご挨拶

    2014.11.11

    本日、11月11日 ポッキーの日

    株式会社SNOMが誕生しました。

    SNOMが1周年を迎えられたもの、沢山の方々の支援とご指導をいただき、さらには、多くの方が言いにくい困難をSNOMのスタッフに教えてくださったからと実感しています。

    関わってくださった多くの皆様にこの場をお借りして深く感謝申し上げ、2年目を邁進していくことをお約束申し上げる次第です。

     

    SNOMとは、safety-net of mind の頭文字をとっています。

    現在の日本では、心の危険から多くの方、特に働き盛りの世代が命を落とす事態となっています。

    医療の現場で17年間、命を維持するための生活支援をするために、私の仕事はありました。

    生き続ける事の大切さとむずかしさを、多くの闘病された方の人生から学びました。

    生き抜いた最期と、途中で断念せざるを得なかった最期では、ご自身の最期の瞬間だけでなく、残された家族・支援した医療スタッフのこころの重圧感やその後の生活が大きく違ってきます。

    SNOMを創業した理由は、身体は治療できてもこころの回復に親身になって取り組むことが出来ない社会システムを少しでも変える必要を感じたためです。

    社会システムの中に、心の安全をつなぐシステム【safety-net of mind】を構築する必要がある。そう感じて10年以上。未だにその支援は構築されない。誰もやらないのだったら、私がやろうと覚悟を決めました。

    社会には沢山の生きる力を削いでしまう因子があります。

    感染症や癌などの身体の病だけでなく、食事・労働・就寝など、生活場面それぞれに多くの安全を邪魔するものが含まれています。

    行動、考え方、社会規範、娯楽、教育、個性などは、その良さと問題を明確に分ける事ができず、環境との関連など具体化が難しく対策が遅れる要因にもなります。

    心の不調をきたす方々の症状は、眠れない・集中できない・意欲がでないなど、共通している事象が多いけれど、回復を邪魔する因子は個々それぞれ、多岐にわたっていて共通させることが困難です。共通させることが困難であることは、同じケアでは有効ではないと言えます。

    SNOMの理念に、《回復を邪魔するものを除く努力≫というナイチンゲール誓詞の一文が盛り込まれています。

    その人のこころの不調も、誰かが回復を邪魔するものを共に考え、見定め、それを除く努力を支えることで、その人の回復力の向上を目指す事ができます。

    私達は、労働の現場で従業員個人を支えるプログラムを事業所が行うことによって、その事業そのものが活性化され生産性を向上させると考えています。生産性が上がれば、労働を安定させることができる。

    そして、その人の労働の安定が、生き抜く力になると信じています。

    安心して働き続けられる社会へ

     

    株式会社SNOM 代表取締役 白石みどり

     

     

     

     

     

     

     

  • 電話工事のお知らせ

    2014.10.30

    いつも、SNOMのホームページをご覧くださいまして、ありがとうございます。

    今は、5時には暗くなってきましたね。

    さて、SNOMは、皆様からのお電話連絡を、より心を込めて対応するため、電話受付対応を一新いたします。

    そのため、30日~11月6日まで電話番号が臨時の番号になります。

    090-3934-5394

    ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

    SNOM

    代表取締役

    白石みどり

     

     

  • SNOMが日刊工業新聞に掲載されました。

    2014.10.20

    重ねて、本日20日付けの日刊工業新聞の新規ビジネスの欄に、SNOMの記事を掲載していただきました。

    こちらは、SNOMのサービスの紹介も取材していただきましたので、SNOMが出来ることを知っていただける内容になっています。

    従業員が働き続けられない要因は本当に様々あります。

    既存のサービスでは、届かなかった方や、見つけられなかった方にも、手が届くサービスを構築し、人それぞれの課題に寄り添うプログラムを益々向上させていく使命としています。

    メンタル不調者に対して、「どうしたらいいのか分からない・・・。」「自社で頑張ったけど、なかなか・・・・。」などに対して、社外の心理専門家だから出来ることがあります。

    ご興味がございましたら、HP相談フォームからご一報ください。お声をいただきましたら、SNOMが駆けつけます。(対象は法人のみになります)

    SNOM 代表 白石 みどり

     

     

  • SNOMが中日新聞に掲載されました。

    2014.10.20

    ずいぶんと肌寒くなりましたね。

    SNOMの白石です。

    先日、中日新聞の朝刊に中部で起業した女性として、「愛知県ではなぜ女性起業家や女性管理職が少ないのか」ついて中日新聞の記者さんとお話しした内容が掲載されました。

    よろしかったら、ご一読くださいませ。

    看護職も心理職も女性の割合が多いので、周辺の人には女性管理職も経営者も多いので、少し趣旨には合わない話になったかもしれませんね。

    しかし、看護職の管理者のワークライフバランスは今後、女性が社会に進出しなければならない人口動態にとって、大変有効なモデルになるのではないでしょうか。例えば、夜勤もしながら働くのですが、夜勤があるからこそ朝の支度をゆっくり送り出せたり、銀行や税金のことを慌てずに余裕が持てたりします。

    男女差というより、家族形態によって大変さや夫婦が協力して、様々なライフスタイルで子育てや会社育てが容認されながら、経済が回ると働き続けられる人が増えるのではないかと考えています。

    とはいえ、統計的にも歴史的にも、女性が社会の中でリーダーシップを発揮するにはまだまだ学びや経験値を上げていく必要があるでしょうね。

    これからも、日々多くの方にご指導いただきながら、愛知県の労働を心の面から支えていけるように進んでいきたいと思います。

    20141018 中日新聞掲載

     

     

  • 災害について・・・(災害関連死のシンポジウムに参加してきました)。

    2014.09.04

    さて、9月に入りました。

    朝夕は少し涼しく、過ごしやすくなりましたね。

    夏休み明のけだるさも、この涼しさが助けてくれているようにも思います。

    今日は、日本弁護士協会様が主催した「災害関連死」に関するシンポジウムに参加してきたご報告をさせていただきます。

    今、世界中で色々な災害が生じていますね。元医療職として今心配している災害は、エボラ出血熱です。大分、多くの方が早い段階でとても辛い亡くなり方をされます。エボラの株ではないのですが、大分前に出血熱での方のケアに少し関わった事があります。 これからの国単位での広がりがどの様になっていくのか・・・・きっと、とっても急いで予防接種を眠らずに開発している人も居る事と思います。目の前に惨劇に立ち向かっている方々や、心配しながらその仕事を支えるご家族の方。どれだけ人を投入しても足りないくらいになっているのでしょう。

    どうか、早く収束の希望が見えます様に・・・。

    自然の前に人はとても無力であることを知らされます。

    亡くなられた方の数を知ると、どうしても東北大震災の方々の数と心の中で比較をしてしまう自分がいます。

    東北では、本当に少しの時間で想像も出来ない方々がその命を海にもっていかれました。そして、その後も関連する要因で命が失われています。

    講演の中で南相馬市の市長様が「市民を避難させなければならない。同時に、受け入れさきを自分で探さなければならない。そんな中、どんどん遺体が上がってくるんです。」と、お話をされたことが強く印象に残っています。とても、言葉を選びながらお話ししていたご様子です。堪らない気持ちや何とも言えない衝動をおさえながら、津波と原発の怖さを体験していない人たちに伝える使命を持っていらっしゃるのだと、感じました。

    私は、看護師人生が救急救命という命の瀬戸際から始まりました。その後も集中治療室、脳外科急性期など瀬戸際でのケアが多い職場でした。

    自分が住んでいる同じ地域の人の死を、一日に何回も体験をする職業です。 人の死を見過ぎることは、精神的に負担が大きく、悪夢を多く見るようになったり、衝動をうまく抑えられずに人との距離を取る様になったことがありました。どうして、耐えられるようになったのかというと、看護師といえども人であって、それ以上でもそれ以下でもない。そうなる自分を認めることと、看護職の最大の理念:ナイチンゲール誓詞があったことでした。これは、職業としての使命を表したもので、多くの看護職を心の奥でつなぐ言葉でもあります。

    私の体験とは比べ物にはなりませんが、人の死を多く見過ぎることは生命として困難を抱えることになると感じています。福島の方々は3年が過ぎても沢山の困難は現在進行形でさらに変容しながらも回復までたどり着いていないことを知りました。辛い体験をされるとその経験を活かし、同じことを繰り返さないことが残された方の使命になることが多く、生きる希望になります。

    私に何が出来るかと考え続けていますが、あまりに大きな体験を持った方々にその辛さの解消まで出来る支援を持ち合わせていません。ただ、その体験をしっかりと聞き愛知県で活かしていく、同じ状況になってもその教えが活かされて繰り返さずに済んだ。この未来が希望につながる可能性が、あるかもしれません。

    支援をしに行くのではなく、教えて頂きに伺えればとおもいました。

     

     

     

  • お盆休みですね

    2014.07.31

     

    少し、暑さに爽やかさが出てきたように感じますが、皆様はいかがですか?

    外のお仕事の方々を拝見しますと、とっても力強く感じます。

    さて、もうすぐお盆休み!!! 夏は夜!!!花火大会なども各地域で盛んになりますね。私も、今年は花火の打ち上げの近くでぜひ見たいとプランを立てています。

    また、お盆は実家でわいわいと、日本の文化を子供たちに伝える機会ですね。

    ということで、SNOMもお盆休みをいただきます。

    8月11日から18日

    医療現場などは、お盆は人でも少なく、医療用品の在庫も不足しがちで大変な時期ですね。 休むことも仕事の一部と位置付けて、ほかの期間にしっかりと日ごろの疲れを回復をとってください。

    さあ、暑い夏を日本人全員で乗り切りましょう!!!

     

    SNOM白石

  • 2015年ストレスチェック義務化の対策はいかがですか?

    2014.07.26

    今日も暑いですね。

    昨日は、740人以上の方が熱中症で搬送されたとニュースで聞きました。 私も、救急救命で勤めていたころ37度を超えるととっても沢山の方の熱中症状態を対応させていただきました。

    熱中症はだるくなって倒れるだけと思ったら大間違い!!!  意識消失・痙攣・意味不明の言動から始まってここからが大変。人の組織はタンパク質で出来ていますから、生卵が温泉卵になるような状態です。固まったタンパク質は腎臓でろ過できませんので、どろどろの温泉卵状態。

    医療では、温泉卵を生卵に戻すことはできないのです。

    だから、身体を冷やして新鮮な水分を沢山とって、自分の身体が茹らない状態をつくってくださいね。予防予防!!!

    さて、SNOMはメンタルヘルスの専門業者。 メンタルヘルスにも予防が大切です。

    【2015年!!! とうとう法律が動きます】

    50人以上の事業所には、従業員へのストレスチェックが義務化されます。 産業医などの産業保健スタッフが先陣をきって働くヒトのストレスに立ち向かいます。ストレスチェックで発見されたメンタル不調の方をどうするか・・・。ストレステストの結果を返したらご自身の申告によって産業医の診察を受ける事ができます。

    この流れが、義務化されました。

    【SNOMができること】

    SNOMの今までの活動で分かったことは、メンタル不調者は自分で改善しようとする意欲自体が低下していること。

    自己申告に任せていると、一番ハイリスク者に産業保健スタッフが会うことも出来ずにストレスチェックが終わってしまいます。SNOMのプログラムは、産業保健スタッフ(外注の産業医様も含む)とのコーディネートをし、スムーズに且つ有効にストレスチェックを行います。その後も、ハイリスクの方と一緒にその方の辛さを改善する方策をさがします。

    せっかく時間と資金を掛けて行うストレスチェック。

    ぜひ、メンタルヘルスの予防に有効に活用しましょう。 SNOMは、2名の事業所様から大企業までの対応が可能です。

    詳しくは・・・・御社までお伺いした時に!!!

    いつでも、eap.info@snomjapan.com  へ、ご連絡ください。

     

    株式会社SNOM

    白石みどり

     

  • メンタルヘルス勉強会のご報告

    2014.06.12

    さて、先日ご報告したメンタルヘルス勉強会のアンケート結果がそろいました。

    経営者を支える士業の皆様向けメンタルヘルス勉強会 終了資料 20140612

    多くのかたに、クライアント企業にメンタルヘルスに関する課題にアドバイスができると、感じていただけたことがうれしいです。

    愛知県の企業を支える方の力に少しでもお役に立てたようで、SNOMスタッフ一同本当に力をいただきました。

    ご参加いただけなかった皆様にも、いつかこの体験をしていただけるように、また、歴史的な人が練って練ってねりまくった知恵と最新の社会の状況の情報などをお知らせしていきたいと思います。

    定期開催もプログラムしていきたいと思います。

     

    アドバイスをいただいた臨床心理士の小田川さん

    アシスタントをいただいた産業カウンセラーの松本さん(グラフ作成をお願いしました)

    SNOMの原動力になってくださった興味を持ってくださった本当に多くの皆様に感謝して、6月4日の勉強会のご報告とさせていただきます。

    SNOM代表 白石 みどり

     

  • 「経営者を支える士業の皆様むけ、メンタルヘルス勉強会」が終了しました。

    2014.06.06

    とうとう、梅雨がやってきました。

    家庭を持ちながら仕事をしていると、どうしてもお洗濯が乾かないことが気になります。

    家事も家族の助けをもらって、仕事も沢山の方々に助けてもらって毎日感謝の気持ちでいっぱいです。

    せっかくいっぱいなので、もうすぐくる父の日に気持ちを形で表せようと思います。

    さて、件名の「経営者を支える士業の皆様むけ、メンタルヘルス勉強会」が無事終了いたしました。

    トライアルですので、参加者6名で行いました。 SNOMスタッフは小田川臨床心理士にアドバイザーとして、松本産業カウンセラーにアシスタントとしてお手伝いいただきました。

    カウンセリングは50分という構造化された、秘密の空間で行われる通常の会話とは違った環境ですので、クライアントも通常の感情とは違う形でお話をされます。しかし、社会保険労務士の方や税理士・行政書士さんは直に経営者のそのままの感情とぶつかり合っているので、本当に沢山の知恵と経験でメンタル不調の方やそれに悩む経営者の方を支えていたことが実感できました。士業向けメンタルヘルス勉強会

    3時間、お弁当をご一緒しながら、メンタル不調の方と対峙したときに、感情が転移や同調せず、冷静に対応できるように、人のこころの共通する出来事を理論からお話ししました。

    ここでも、話題になる事が発達の偏りのある人との関わりにくさや、理解のしにくさ。

    様々なコミュニケーションスキルが体系化されているなかで、今までのスキルではどうもうまくいかないと、経営者だけではなくその人ご自身も 双方感じています。

    SNOMでも、発達障がいなのか個性なのか・・・。 適応できる方法に共通の方法はあるのか・・・。

    個性に近いということは、十人十色。人それぞれの得手不得手があります。 一概に改善に向かう共通スキルが作りにくいので、みなさん悩んでいるのです。だからこそ、カウンセリングという1対1の関係を敢えて作る事自体が、有効に作用する事があります。

    SNOMは、働き続けられるためのサポートを常に考え続ける理念をもっています。

    発達の偏り、障がいまでいかなくての、自分の苦手な部分を克服できない方のサポートの有り方も考え続ける場を作りたいなと思います。

    多くの士業の方と、学び合いをしたなかで改めてSNOMの社会の中での役割をしっかりと受け止めた時間になりました。

    メンタルヘルスの大切さや、理解しにくい方々の背景にある理論など、お話しさせていただく場がありましたら、ぜひご一報くださいませ。どこでも、馳せ参じます。お気軽にご連絡くださいませ。

    *****   講師依頼はこちらから   ⇒⇒⇒   eap.info@snomjapan.com   ********

     

  • 介護分野での導入事例紹介です。

    2014.05.16

     メンタルヘルスというと、まだまだ偏見や抵抗感を強く感じる経営者の方も多い世の中です。

    でも、実際に多くの方にお会いしていると、相談する人が少なくて悪循環に入り込んだり、学生時代は全く問題なかったり、本当に誰でもが不調になりうる現象であることが実感できます。

    もちろん、私自身も心身の調整をしたり、自社スタッフにカウンセリング的な会話をお願いしたり(ちょっと聞いてください~~~が合図♪)。本当に、メンタルヘルスの会社をやっているからこそ会話の大切さや、理解のすり合わせなどが大切だと感じます。

    一人一人の偏見や思い込みを現実に落とし込む。こんな会話の作業も私たちの役目になっているようにも思います。

    このまだまだ抵抗感のある世の中でも、「SNOMを導入したことを告知してもいいよ!!!」 と、こころよくお返事をくださった経営者をご紹介いたします。

    介護センター赤い屋根 の 代表 竹内所長です。

    いつもいつも、こちらも勉強させていただくことが多い所長。心理専門家のアドバイスが非常に効果があったと、力説してくださいました。

    私たちも、ここまで褒められると嬉しくて舞い上がってしまいますが、身を引き締めてこれからも質の向上に努めてまいります。

    メンタルヘルスは、プログラムを有効に活用する管理者自身が実行に移すこと。この考えが一番効果をあげることがとてもよくわかります。

    SNOMは、改善の指標がわからないと感じる経営者の方、管理者の方に心理学的な指標を提示し、一緒に組織に適した対応をともに考えていきます。

     

    ※写真の右側の介護スタッフにみえるのは、私です。郷に入っては郷に従え。

    その組織をしるには、現場の方と同じ目線で!!! 来週はカウンセリングで取られるマンパワーの補充に利用者の皆様に傾聴ボランティアで入ります(トライアルさせてくださる竹内様に感謝)。

     

    IMG_1986

    SNOM導入によって、 2か月で改善した効果をご覧ください。

    ↓↓↓↓

      導入事例紹介① 赤い屋根様 201403~