活動内容

  • セキュリティセンター・カウンセラーセンターのご案内

    2017.08.25

    株式会社スノームでは、相談された皆さまの秘密保持を強化し、安心してご相談いただけるよう、セキュリティセンターを開設いたしました。

    セキュリティセンターでは、ストレスチェックに関する機密事項、相談内容に関する秘密事項、各種個人情報の管理を行います。

    また、社内専門家による相談技術向上のための研修会、事例検討会を行う際にも、所有資格による守秘義務を持つ者、スノームの教育によって守秘義務を課した参加者のみで行い、万が一にも外部へ漏れることのない環境を作りました。

    カウンセラーセンターでは、スノームで相談業務を行う医療従事者やカウンセラーが集まり、お客様によりよいサービスを提供できるよう、書籍や研修・教育をおこなえるよう、研修室を設けて切磋琢磨しております。

    ご利用いただける方は、株式会社スノームと契約関係にある方のみで一般の方の利用は現段階で実施しておりませんが、契約企業に所属されている高ストレス判定者の相談や電話相談、カウンセラー資格を取得した方のスキルアップのご相談などを実施しております。

    自然に囲まれたログハウスに、心身の健康に関する情報や相談の場をご用意しておりますので、ご興味がございましたらお問い合わせフォームからお声かけくださいませ。

    〒470-0132 愛知県日進市梅森町新田135-687

    株式会社スノーム セキュリティセンター アクセス図

    株式会社スノーム

    代表取締役 白石みどり

  • 夏季休暇をいただきます

    2017.08.11

    暑いだけでなく、大雨や洪水などの水の災害が多い今年の夏ですね。

    皆さま、夏季休暇があるお仕事の方も無いお仕事の方も、安全な夏を過ごしてくださいませ。

    株式会社スノームでは、夏季休暇をいたきます。

    8月11日~15日

    16日から通常営業となります。

    どうぞ、よろしくお願いいたします。

     

    株式会社スノーム

    代表取締役

    白石みどり

  • スノームセミナーVol.4 が無事に終了しました。

    2017.06.23

    【スノームセミナーvol.4ご報告】

    スノームは、相談が主業務のため、
    120分のお時間の中で、
    100分以上はディスカッションです。

    今回は、スタッフ教育も目的にありましたので、
    facebookとクライアント企業様、スノームとの交流がある方へのご案内のみでした。

    医師講師1名
    講師(私)1名
    スタッフ3名
    参加者8名

    参加者の皆様が、何らか職場の衛生管理に携わる役目を持つ方でしたので、
    ストレスに関するテーマについて、
    セミナー全体の構成を「擬似衛生委員会」とし、高ストレス者対応を”審議”しました。

    産業医役に、本物の産業医を講師にお呼びし、贅沢な時間になりました。

    手前味噌ですが、他の事業所の衛生管理について、情報交換する機会ってないものですね。
    職場のストレス対策に、衛生委員会が機能すると、こんなに生産性向やコスト削減につながるんだ!
    と、改めて実感しました。

    職場の衛生・健康管理にお困りごとを耳にされたら、スノーム擬似衛生委員会をご検討くださいませ。

     

  • Vol.4 SNOMセミナーご案内『ストレスに関する生理的メカニズム ~症状を持つ人への対応の配慮~』

    2017.05.14

    ストレスチェック制度が2015年12月に開始され、従業員の皆様が年に一度、自分のストレスと向き合う時代となりました。
    高ストレスと判定された人に対して、事業所や衛生委員会の担当者、産業保健担当者の方が、高ストレスの方に対応することが多くなったのではないでしょうか。
     
     高ストレス判定となった場合の対策や、判定者への対応など、お困りではありませんか?カウンセリングの場面でも、
    ご本人から、
    『なぜ、自分が高ストレス判定となったのか。』
    担当者様から、
    『面談勧奨後の業務上の配慮の際に、対応に困った』という声が、聞かれています。
     
     今回のSNOMセミナーでは、
    ご本人様やご担当者様が、仕事に関するストレスについて知識を得ることと、ストレスの負荷が高い時に表れる様々な辛さや症状を予め知ることで、早い段階でストレスに対処することができ、より効果的なセルフケア・ラインケアの一助となるよう企画いたしました。

     株式会社スノーム の、ストレスチェック実施者や高ストレス者面談の現場経験を活かして、
    『ストレスに関する生理的メカニズム 
       ~症状を持つ人への対応の配慮~』をお伝えいたします。
     内容は、職場で生じるストレスがこころとからだに及ぼす影響と、治療や薬による効果、副作用等の正しい知識を得ることで、ご自身の対策や、該当となった方の理解を深めていきます。

    皆さまに、お会いできますのを楽しみにしております。

    平成29年6月17日土曜日 14:00~16:00(13:30開場)
    場所:名古屋国際センタービル 5階 第4会議室
       450-0001 名古屋市中村区那古野一丁目47番1号 名古屋国際センター
    会費:3,500円  主催:株式会社スノーム 
    定員:16名(定員になり次第、受付を終了いたします。お早目にお申し込みください)
    ※企業から研修としてご参加の方には、領収書をご用意いたしますので事前にお知らせください。

    講師:
    水野 聡己 医師(総合内科専門医)
    医療法人財団愛泉会 愛知国際病院   
    経歴:1997年、名古屋大学卒、
    所属学会:日本内科学会(認定医)、日本消化器病学会(専門医)、日本がん治療認定医、日本緩和医療学会 日本脾臓学会、日本静脈経腸栄養学会、日本サイオンコロジー学会

    白石 みどり(看護師、株式会社SNOM 代表取締役)
    経歴:17年間、看護師として医療の現場での経験から働く現場での心理支援の必要性を実感。某大学心理学科へ入学し、平成25年株式会社スノームを設立。大手企業から小規模介護施設まで愛知県内の事業所で働く現場のメンタルヘルス支援を実施。ストレスチェックからカウンセリングまで業種別にカスタマイズしたプログラムで、離職者減少や休職者減少など目に見える効果があると喜ばれている
    所属学会:EAP普及協会、公衆衛生学会

    ◆参加条件:どなたでもご参加いただけます。
    【こんな方にお勧め!】
    ・ストレスチェックに関する業務を行っている方や、労務相談担当者の方、メンタル不調の部下対応を行っている管理職の方も是非ご活用ください。
    ・各種士業の皆様には、顧問契約のお客様へ対応のヒントの機会にご活用ください。
    ・心理職の方には、メンタル不調時に生じる生理的な状況を知る機会にご活用ください。

    ◆申込方法
    ・Facebookのイベントでの参加をクリック https://www.facebook.com/events/1867597143457397/
    ・メールでの申込 eap.info@snomjapan.com(※)
    ・HPお問い合わせフォームからのメール(※)

    ※ メール、HPからの方は、以下の内容を明記してください。
    SNOMからのメール返信で参加申し込み完了となります
    〈記載事項〉
     ① 氏名   
     ② ご連絡方法(メールアドレス/電話番号) 
     ③ 所属先、所属先での役割
     ④ 領収書の要不要(必要な方はお宛名をお知らせください)

    お支払いは、現金で当日お支払いいただくか、お振込みでも可能です。
    お振込みをご希望の方は、お申し込みの際にその旨をご記入ください。お手続きをお知らせいたします。

    主催:株式会社スノーム

  • ストレスチェックのご案内

    2017.04.29

    大変ご無沙汰してしましました。 SNOMの白石です。

    SNOMがストレスチェックの運用を始めてから、2年目に突入いたしました。初年の経験を踏まえ、より使いやすいストレスチェックへとブラッシュアップしております。

    会社様や医療・福祉事業の皆様、他の様々な方ももちろんですが、4月に新入社員が入り、5月のGWで長期休暇、6月いよいよ様々な取り組みを始めよう! と、ご連絡いただく企業様が多い印象です。また、昨年自社で実施してみたけれど、ものすごく大変だったから、今年は効率化したい!と、お声を掛けていただく方も多いようです。

    SNOMの主のサービスは、従業員の方の精神的な負担をやわらげ、働きやすい職場を創るサポートがお仕事です。 ストレスチェックの時代の波に対して、顧客企業の方が困らない様に企画しています。回収の仕組みと高ストレス対応について、特に対応しております。

    ◆”ストレスチェック速達システム”と、

    ◆ストレスチェック制度フルサポートプラン

    ストレスチェックなどのアンケートのみとは違い、その場で完了できるストレスチェックを提供しております。

    ストレスチェックの企画を担当される皆さま。 この制度で一番重要な仕組みは、ストレスチェックの回答や結果の配布ではありません。

    高ストレス者の対応です!!!

    高ストレスの方に、どのように接していきますか?

    ・面接指導医からの意見書を出してもらいます(義務)。ーーー面接指導をしてくださる先生は見つかりましたか?

    ・面接指導医の面談方法は、どうしますか?-----アウトリーチ?クリニックへ受診?

    ・高ストレスの方の申出先は、第3者に見られる可能性はありませんか?

        -----ストレスチェックは業者に委託。高ストレス対応は社内でという場合、 実施事務従事者の方の秘密の共有の負担はいかがでしょう。

    大企業や組織が大きい会社は、既に医師や保健師、看護師が在中しているので、仕組み作りに資源が十分ですが、

    例えば、500名、200名、60名などの企業様では、医療の専門家が産業医のみで、 実際に仕組み作りなどを担ってもらえず、お困りの会社様も多いようです。

    また、実施事務従事者の方への負担を極力少なくできるように、PCシステムをお勧めしています。

    ・実施事務従事者の方が、同じ職場の隣の人のストレス結果を見ないで済む様に

    ・受検される方が現場を大きく離れず、また、紙面による回収をしないで済む様に

    ・ストレスチェック実施者のフットワークを軽くして、同時にこころの健康相談も出来る様に

    SNOMは、義務に対応するだけでなく、メンタル不調者へ会社としてどのように対応していくのかも含めてお手伝いいたします。

    「何から手を付ければいいか・・・」

    「今年から50名超えるけど・・・」

    「産業医の先生には、何をどうしてもらえばいいのか・・・」

    こんな、お悩みがありましたら、いつでもご連絡くださいませ。

    今年は、初年度でもありますので、仕組み作りからお手伝いしております。

  • 【お詫び】メールサーバーの不具合に関する連絡が取れない状態のお詫びと改善完了・対策について

    2017.03.16

    平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

    この度、弊社メールアドレスeap.info@snomjapan.com   soudan@snomjapan.comへの連絡が3月14日から不安定な状態が発生しておりました。

    「メールを送信したけれど、届かない」というお声をいただき、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
    当方で原因を調査いたしましたところ、メールサーバーの容量オーバーに伴う現象と判明いたしました。
    定期的な容量の確認をしておりましが、送受信容量の多い画像や設計に関するデータのやりとりが増加したことによる急激な容量過多により発生し、皆さまにご迷惑をお掛けしてしまいました。大変申し訳ございませんでした。
    今後は二度とこのようなミスの無いよう、メールサーバーの定期的な容量の確認に加え、データ保存方法の変更、バックアップの仕組みについて再度検討し、対策を講じました。今後も細心の注意をはらう所存でございます。何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。
    どうか今後とも変わらぬ ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
    株式会社スノーム
    代表取締役
    白石みどり

     

  • 日刊工業新聞 日本の未来企業 に掲載していただきました。

    2017.02.15

    もう、4年目に突入して半年になります。
    自分でも時間の速さに驚きです。

    日刊工業新聞社様との創業前からのご縁で、日本の未来企業という覧に スノームをご紹介していただくことができました。

    日刊工業新聞様とは、キャンパスベンチャーグランプリで受賞させていただいた時から、今でも様々ご指導・ご助言をいただいております。

    創業前からのご縁ですので、名古屋支社の総務部様とは、もう5年以上のお付き合い。
    事業を実施する上でのあれこれを聞いてもらったり、
    落ち込みそうになったときに、叱咤激励をしていただいたり。

    スノームが愛知県で多い製造業の心理支援を実施させていただく時に、日刊工業新聞社様の情報があって背景を理解しながら実施させていただいています。

    だからこそ、スノームや白石の理念や想いが 
    ど!!!ストレートに且つ分かりやすく表現されている記事となっています。

    日刊工業新聞電子版は11記事まで無料登録でお読みいただけますので、
    よろしければ、ぜひご覧くださいませ。

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00416074

  • あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

    2017.01.04

    あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。

    今年の年末年始は、とても暖かくお天気に恵まれましたね。

    実家の氏神様で初詣をしてきました。 生まれ育った神社がいまでも変わらない姿でそこにあるということが、年齢が上がるに連れてとても大事だなと感じます。

    仕事であちこち移動したり、状況に応じて引っ越しをする我が家では、子供達の心の奥底の安心や安定にこの神社の存在があると思います。

    私たちも、この様にいつも安定して皆さまの身近にあり、働く方々の心の奥底の安心につながる会社であるように、今年も邁進してまいります。

     

    画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外

  • ====SNOMの2017年の取り組みのご紹介=====

    2016.12.20

    皆さま
    寒くなってまいりました。
    もうすぐクリスマスですね。
    準備にお忙しい方も、クリスマスなんて関係なく過ごされる方も、皆さま様々この一年の終わりを感じていらっしゃるのではないでしょうか。
    そして、気づけはもう2017年がやってきます。
    最近興味を持って読んだ物理学のお話の一部に、
    時間は存在しない、との考え方を持つ方々がいると知りました。
    今、この時しかなく、過去も未来も全てが今ここにあるのだと。
    過去も未来も空想でしかないと書いてありました。
    【時間はどこにあるのか・・・・。】
    私自身、小学生のころに疑問に思ったテーマです。
    今、私の中の一つの結論として、時間は脳の中に存在すると考えています。
    ”過去”は脳の記憶領域にあり、
    ”未来”は脳の統合領域にある。
    そして、”今”は、感覚器→脳へ刺激が伝達され、脳が痛みや温度を感じる感覚領域にあるのではないかと思っています。
    脳への刺激が、暖かく幸せを感じる刺激ならば、幸せな刺激や記憶を統合し良い未来をイメージすることができ、
    自分にとって痛みや冷たさなどの不快を伴うものであれば、辛い記憶と統合し、辛い未来をイメージするようになるのではないでしょうか。
    自分が明日、元気でいるイメージが持てない方は、きっと辛い記憶しか統合することが出来ずに苦しんでいると思います。
    また、脳の記憶や統合する部分がうまく機能できない状態になっている方の中には、幸せな刺激を得ることが少ない方もいらっしゃると思います。
    幸せな刺激を得るには、サンタクロースは居た方が良い。
    あたたかな刺激を感じるためには、暖かい言葉や態度を多く感じることが大切だと思います。
    今年から、多くの職場でストレスチェックが始まり、高ストレスと判定された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    ストレスチェックの結果を見ただけでは、辛さを感じる方も多い様子が見られました。
    スノームでは、ストレスチェックの実施現場に立会い、表情や態度が辛い方にお声かけしてすぐに対応できるような仕組み作りをしています。
    ストレスの結果だけが手元に届く方は、暖かい言葉を結果から得ていただき、
    ご自身の心身の体調について誰かと振り返りながら、あたたかい未来をイメージするように心がけていただけると幸いです。
    ====SNOMの2017年の取り組みのご紹介=====
    2017年は、ストレスチェックと高ストレス面談の実際から、
    特に”認知特性に特徴のある従業員への対応”についての
    カウンセリングやラインケア・セルフケア研修を強化して実施いたします。
    ㈱スノームでは、高ストレス者の認知特性上の配慮から、
    ストレスチェックはできる限りシンプルに行い、
    高ストレス者相談は、専門性高く且つ丁寧に実施しております。
    そして、より安心してストレス相談を受けていただけるように、
    平成29年2月20日から名古屋東カウンセラーセンターの開設いたします。
    【写真:開設準備中のカウンセラーセンター兼セキュリティセンター】
    画像に含まれている可能性があるもの:家、屋外
    2017年の製造業や介護・医療業界などにある交替勤務者へのストレスチェックや
    カウンセリング、セルフケア・ラインケア研修などにご用命がございましたら、
    お声かけいただけますと、幸いです。
    研修依頼は、お問い合わせフォームをご利用ください。
    よいお年をお迎えください。
    平成28年12月
    株式会社スノーム
    代表取締役
    白石みどり
    ===============================
  • 【年末のご挨拶】

    2016.12.05

    2016年もあとわずかとなりました。
    皆さま、どのようにおすごしでしょうか。
    一年の頑張ったことや、感じたこと、楽しいことだけでなく、辛かったことなども、様々振り返るきっかけも多い季節です。
    寒いような、暖かいような不思議な気候で体調も崩れやすいのも、年末の恒例行事の一つではないでしょうか。
    胃腸風邪、インフルエンザなどに十分注意して、助け合いながら乗り切りましょう。
    今年は、ストレスチェックでどの事業所様も新しい取り組みがありました。
    また、従業員の皆様はご自身のストレスに気づくという、良いだけでないような気持ちをお持ちになったかと思います。
    大変、お疲れ様でした。
    やはり、カウンセリングとの流れを企画しておきますと、実施者としても、調子の悪さに気づかれた方を放っておかず、対策ができるので安心でした。
    来年も少しでもサービスの向上を図り、より皆さまのストレス対策にお力になれるよう誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、 従業員一同心よりお願い申し上げます。
    ========年末年始の休業のご案内===========
    当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。
    〔年末年始休業期間〕 12月29日( 木)~1月4日(水 )
    新年は1月5日( 木)9:00より営業開始となります。
    来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、
    歳末のご挨拶とさせて頂きます。