活動内容

  • ストレスチェック 外国語対応 タイ語が可能になりました。

    2018.12.09

    スノームは健康に関する相談を主な業務としていますが、ストレスチェックは相談しにくいメンタルヘルスの相談のきっかけとして、大変重要なしくみだと実感しています。

    昨今、技能実習生として外国の方に労働人口の減少の対応をしていただく制度が審議されています。身近にも、ヒトでしか出来ない業務に関する労働者不足による経営の危機を耳にします。

    スノームは、心身の調子が保てなくなっても、様々な配慮のもと”働く”ことが会社継続、個人の健康維持の双方に重要であるという視点でEAPサービスや産業保健活動で貢献する立場です。

    技能実習生も同じ働く仲間ですが、身体や脳の仕組みはもちろん同じで、同じように不調になることがあるので、日本で働くのであれば同じ健康管理の行政サービスは受けられることが普通のことだと思います。ただ、言葉の壁というのは大きいもの。会話や行動から不調がでる心の不調はより言葉の違いによる早期発見や早期対応に影響がでます。

    スノームでは、逸早くストレスチェックの外国語対応を行ってきました。

    英語、ポルトガル語、ベトナム語はシステムで可能です。質問紙ですが、中国語に加えて2019年~はタイ語が可能になりました。

    これからの日本の労働人口は、急な増加は見込めないのは確実です。言葉は違うけど地球で働く人全てが一緒に働く仲間という概念に変わっていくと思います。もしかしたら、ヒトだけでなくロボットや知能を持ったAIがともに考え判断する仲間になる日も近いかと思います。

    健康管理によって会社や組織が元気になるように、時代に沿った仕組みをつくっていきます。