医療・産業・介護の現場で働く人と組織のメンタルヘルスを支えます

私達SNOMは、人のこころとからだと組織の知識を持ち、
EAP:従業員支援プログラムを活用し、仕事のパフォーマンスを保つ心理支援事業です。
人の行動・働きの専門家として、働く人・組織の消耗させる要因を明確にし、活性化の支援を行います。
あなたの組織にとって、一番の宝である人材を支える仕事を、SNOMにお任せください。

EAPとは

EAPとは、企業に働く従業員の精神的、身体的健康に焦点を置き、直接間接的に生産性に影響を与える諸問題を解決しようとするプログラムです。

1960年代のアメリカではアルコール中毒・うつ病などで仕事上のパフォーマンスが低下していました。1990年代には、組織の損失は一年間で50億ドル(約5000億円)という試算が出ています。

EAPには組織内部と外部の機関が連携しメンタルヘルスを出来るだけ早期に解決することがその役割です。必要な場合には弁護士や医療機関への窓口となり、相談しやすい環境を創ります。

日本でも1970年には安全配慮義務という概念が形成され、2000年には「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」が策定されました。これらが必要とされる社会的背景からも、EAPは組織にとって無くてはならないプログラムとなっています。

人・組織の活力の消耗を整え、回復力を促す支援体制

身体の知識を持つことで可能な医療・介護へのアプローチ。
産業での身体の辛さにも対応が出来ます。

  • ストレスチェック、組織分析
  • カウンセリング
  • コンサルテーション
  • 研修
  • ストレスチェック、組織分析

    メンタル不調者は従業員全体の5~20%。潜在予備軍はその数倍以上といわれています。

    メンタルヘルス不調を特に早期に発見したい場合・従業員数の多い企業・団体様にスクリーニングとして用います。

    また、人はその時その時で心の状態のモチベーションも変化します。自己理解の補助資料目的で行い、従業員の特性を活かす資料となります。

  • カウンセリング

    個々の働く人のお悩みを、一緒に解決までの道のりを話し合うことで、業務パフォーマンスを維持するカウンセリングの他、ストレスチェックでのメンタルヘルスの早期対応や特性診断などで表れた個性を組織へ活用するアドバイス・研修で得た知識をよりご自身の仕事の力に反映していただくカウンセリングを行います。

  • コンサルテーション

    人事担当者様・メンタルヘルス担当者様のお悩みに対して、問題を明確化するお手伝いからその問題に対しての解決方法のご提案、対策の実行・定着までを専門的にお手伝いいたします。ご依頼された企業・団体様に適したプログラムをご提案いたします。

    まずは、お問い合せからご相談ください。

  • 研修

    メンタルヘルスに関わる研修も、各企業・団体様のお悩みによって様々です。

    基本である厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に沿ったセルフケア・ラインケアの研修、メンタルヘルス不調対策のための研修を行います。(リラクセーション研修/安全配慮義務研修など)

    また、それぞれの組織や専門職の特徴に合わせたきめ細やかな工夫を凝らし、より業務実践に反映できる研修をご提供いたします。(アサーションやワークライフバランス研修など)

SNOMがある社会は、回復力が違う

働く現場では、職場で強いストレスを感じている従業員は6割以上、10社に1社が抱える長期休業者の問題。中間職員の離職率が10%を超える医療現場。さらに超高齢社会はますます進んでいきます。働く人が抱える問題は何で多いのでしょう。

しかし、人は自然な《回復力》を持っています。人と人が創る社会は、害するものを除き、回復力を適切に促すことで、《活力》 を向上させることができます。

私たちは、EAP(従業員支援プログラム)の概念を活用し、働く人のメンタルヘルスを支援いたします。

SNOMの目指す社会は、何らかのダメージを受けても人に対して積極的に対応し続けていくことで、人・組織全体が回復力を持つ社会です。